BOTTOM

【WORKERS】

WORKERS の定番デニム、Lot801/802 は綿のブレンドから指定している完全別注品。米綿100、自然なムラ糸で「この 糸でホワイトデニムがあれば・・・」からスタートしましたがインディゴデニムとは違う大変さがありました。
ホワイトデニムを作る方法は
?生成りの糸で生地にして生地ごと真っ白にする
?糸の段階で真っ白にして織る

大きく 分けて二種類あります。今回はこの後者、それも経糸(たて糸)は真っ白に、でも緯糸(よこ糸)は生成りのまま使って います。真っ白ではない、でも生成りとも違う、良いバランスの色味に成っています。洗いこむことでヨコ糸の生成り色が抜けて色合いの変化も楽しめます。

何が大変だったかというと「それぞれの工程ごとに場所が違う=その分コストもか かる」ことです。インディゴデニムであればロープ染色という独特な大量生産方式の染め方なので「染める・経糸を織機にかかる状態に巻く」「織る」二か所で完結します。ところが、ホワイトデニムの場合「染める(今回でいうと晒し・脱色)」 「織機にかかる状態に巻く」「織る」の三か所。さらに、染める方法もチーズ染色という糸をソフトに巻いた状態で染め窯に入れる方法。ロットは小さいのですが、その分コストがインディゴ以上にかかります。そんな製造条件的な問題から、 ミミ付のホワイトデニム(他のカラーデニムも)は敬遠されがち。が、私はどうしてもWORKERS の糸で、真っ白では 無いホワイトデニムを穿いてみたかった。イタリア的コーディネートではおなじみのホワイトデニム。それをレプリカ的 作りこみで形にしました。シルエットはLot802 型のスリムテーパード、生地は未防縮・毛焼き無しのキバタ。縮みの激しい生地ですが、OW・乾燥機で縮み切らせた状態でお送りいたします。

【注意】
ご覧の環境により画面上と実物では多少色具合が異なって見える場合もございますのでご了承下さい。

【代引き手数料、送料について】
5250円以上のお買い上げで代引き手数料、送料共に無料

サイズ(インチ) 28 29 30 31 32 33 34
ウエスト 72.0 74.5 77 79.5 82.0 84.5 87.0
股下 78.0 78.0 78.0 78.0 78.0 78.0 78.0
渡り幅 29.6 30.2 30.8 31.4 32.0 32.6 33.2
裾幅 18.0 18.0 18.0 18.3 18.5 18.8 18.0

※実物と若干の誤差がある場合がございます。ご了承下さい。

[単位: cm]

【WORKERS】 Lot 802, Slim Tapered, 13.75 Oz White Denim

■price :

¥18,000 (w/tax ¥19,440)

■購入数 :

■color :

■size :

Shopping Guide
About Point
アメカジメンテブログ